2010年02月04日

氷柱 荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)

 埼玉県秩父市大滝の三十槌(みそつち)を流れる荒川右岸が大きな氷柱(つらら)群で覆われた。

 あたりは山深い谷。寒さで岸壁からしたたり落ちる水が凍ってできた氷柱は、高さ10メートル以上から3段になり、幅も30メートルを超えた。岸壁に出現した自然がつくる氷の芸術を見ようと訪れる人も多い。

 2月14日までは午後5〜8時(土曜と休日は午後9時まで)の間、ライトアップされ氷柱がブルーに変色し、幻想的な渓谷を演出する。【岡崎博】

【関連ニュース】
氷柱:神秘的光景に感激 光の芸術、小林さん制作−−高山・氷点下の森 /岐阜
大寒:ぽかぽか 1月の観測史上最高、下仁田で気温19.1度 /群馬
蛇渕の滝:つらら出現 30・31日、キャンプ場で「冬籠り」−−みやこ町 /福岡
氷瀑:自然の造形美−−北杜の尾白川渓谷・錦滝 /山梨
赤目四十八滝:凍る、大日滝−−名張 /三重

昨年の月給、減少率最大=3.9%マイナス−厚労省調査(時事通信)
22年度予算案審議入り、4日に先送り 自民が「個所付け内示」に反発(産経新聞)
TVアニメ違法配信の男逮捕=新たな共有ソフト利用−京都府警(時事通信)
<訃報>山口比呂志さん81歳=文化通信社名誉会長(毎日新聞)
神戸で住宅全焼、女児1人死亡・2人心肺停止(読売新聞)
posted by シノダ キヨフミ at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「八ツ場」中止、「胆沢」は続行…なぜ 「政治に翻弄された」住民いらだち(産経新聞)

 資金管理団体「陸山会」の土地購入問題に絡み、民主党の小沢一郎幹事長のおひざ元、岩手県奥州市で建設中の「胆沢(いさわ)ダム」に注目が集まっている。同じ大型公共事業でも「ムダ遣いの象徴」として早々と中止が打ち出された八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)と対照的に、国の再検証作業の対象から外れ、工事が進む。政府は“政治的配慮”を否定するが、野党や長い反対闘争の末に建設を受け入れた八ツ場ダム建設予定地の住民らからは疑問の声が上がっている。

 ■飛び交う憶測

 「本体工事に着工しているかどうかで線引きした。政治的な配慮はない」

 今月24日、八ツ場ダムの建設予定地で初めて実現した水没予定地区住民との意見交換会。なぜ八ツ場は中止で胆沢は続行なのか−。住民代表から繰り返し突き付けられた疑問に、前原誠司国土交通相は説明に追われた。

 八ツ場ダムや川辺川ダム(熊本県)などに比べて中央では知名度が低かった胆沢ダムだが、小沢氏に絡む政治資金規正法違反事件で、関連工事を請け負ったゼネコンが東京地検の捜索を受けたことで注目度が上昇。前原国交相が昨年12月、平成22年度に全国で建設を予定している136のダム事業のうち「必要性を再検証する」とした89事業に含まなかったことに憶測が飛び交っている。

 北上川水系の胆沢川で建設が進む胆沢ダムは、岩石を積み上げてつくる国内最大級のロックフィルダムだ。総貯水量は1億4300万立方メートルで完成後のダム本体の長さは全国一の723メートルにも及ぶ。昭和63年の建設開始から「大きな反対運動はない」(奥州市胆沢ダム振興室)。あと1メートルかさ上げすれば、本体は出来上がる。平成25年度には完成する予定だ。

 胆沢ダムができれば約2キロ上流にある石淵ダムは水没する。その石淵ダムの約10倍の貯水量を誇る巨大ダムだけに費用はかさむ。八ツ場ダムの総事業費が当初の2110億円から16年には4600億円に増額したように、胆沢ダムも1360億円から2440億円へと膨れ上がっている。

 ■客観的な基準

 ダムは(1)用地買収(2)生活再建工事(3)水の流れを変える転流工事(4)本体工事−の段階を踏んで完成する。前原国交相が、事業継続を判断した条件として提示したのは▽ダム本体工事に着手している▽すでにあるダムの機能増強を目的にしている−など。胆沢ダムは15年1月に最終段階の本体工事が始まっているが、八ツ場ダムはまだ着手されていない。「客観的な条件に基づいて振り分けた」と説明するゆえんだ。公共事業に詳しい五十嵐敬喜・法政大教授も「仕分けの方法としては合理的で、手続きにも問題はない」と話す。

 ただ、ある自民党幹部は「(中止か継続か)答えを見つければ、それに合わせた基準を作るのは役所は実に巧み。答えが先か、基準が先かは分からない」と疑問視する。治水対策に詳しい専門家の間には「治水対策の重みは地域で違う。共通の基準をあてはめて事業の可否を判断するのは困難だ」と、基準自体に懐疑的な見方も広がっている。

 ■小沢氏に配慮?

 一方で、冒頭の住民のように、小沢氏への“政治的配慮”があったのではという見方もくすぶっている。地元での小沢事務所の影響力が、西松建設の違法献金事件の公判で指摘されているからだ。検察側は政治資金規正法違反に問われた、小沢幹事長の公設第1秘書の大久保隆規被告(48)から「おたくらが取った胆沢ダムは小沢ダムだ」と言われた、とする西松関係者の供述調書を朗読した。

 自民党は26日、三ツ矢憲生国土交通部会長や小渕優子前少子化担当相ら14人を現地に派遣。徹底追及する姿勢をみせている。

 八ツ場ダムも政治的な動きに翻弄(ほんろう)された。民主党のマニフェスト(政権公約)に、17年の衆院選で中止と明記されたあと19年の参院選で消滅。昨年の衆院選で復活した。ダムの検証チームにかかわった民主党の佐藤謙一郎・元衆院議員は「(大型)開発に抵抗のない人もいて賛否両論がある中、(17年は)押し込むことに成功したが、19年は熱心な議員が軒並み落選していたため載らなかったのだろう」と、党内の力関係で公約が決まったことを認める。

 「ダム問題に翻弄されているのではない。政治に翻弄されている」(八ツ場ダム建設予定地住民)。そのいらだちが、胆沢ダム建設続行への疑問につながっている。

保育所定員5年で25万人増、閣議決定へ(読売新聞)
国内医療用薬4.3%の増収―アステラス(医療介護CBニュース)
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害−東京地裁(時事通信)
<将棋>久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局(毎日新聞)
鳩山首相、貴乃花親方の理事当選に「新しい風」(産経新聞)
posted by シノダ キヨフミ at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。