2010年03月16日

青魚でPTSD緩和 DHA摂取 予防効果?(産経新聞)

 国立病院機構災害医療センター(東京都立川市)の松岡豊医師のチームは、青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)にPTSD(心的外傷後ストレス障害)の予防効果の可能性があるとする研究結果をまとめ、15日(米国東部時間)、米国の医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・サイコファーマコロジー」に掲載した。

 松岡医師らは平成20年5月〜21年1月、交通事故などの重傷で同医療センターの救命救急センターに入院し、PTSD発症の可能性がある患者15人を調査。大きめの脂がのったサンマ1〜1・5匹分に相当する量のDHAを含むサプリメントを3カ月間飲んでもらい、症状を検証した。

 PTSDは(1)フラッシュバックやつらい記憶がよみがえる「再体験」(2)事故にまつわる場所を避けるなどする「回避」(3)不眠などに悩む「過覚醒(かくせい)」−の症状について、頻度や強さを点数化して診断した。

 松岡医師らの調査結果によると、事故から3カ月後の症状の強さ(点数)は、DHAを飲んだ患者が飲まなかった重傷者に比べて4割程度に抑えられた。

 DHAはマグロのトロ、サバやアジ、イワシなどの青魚に豊富。松岡医師は「大きな事故に遭うと4人に1人がPTSD症状に苦しみ、日常生活に支障を来すといわれている。普段の食生活から予防に取り組んでほしい」と話している。

【関連記事】
神経細胞新生で「恐怖の記憶」消える PTSD治療に応用期待
サプリあげるのちょっと待って 「栄養は食事で」が基本
粗食はNon! おいしくアンチエイジング
食生活の欧米化で糖尿病リスク増大 血糖値の状態把握を
トランス脂肪酸の表示義務化検討のその後は? 他の脂質とのバランスもあり…
20年後、日本はありますか?

<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)
奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)
愛知の83歳を原爆症認定…名古屋訴訟控訴審(読売新聞)
リフトの支柱に衝突、スキー大会で男性死亡(読売新聞)
自民、条件付きで政治資金与野党協議会に応じる意向(産経新聞)
posted by シノダ キヨフミ at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。