2010年04月17日

トヨタバッシングを斬る米国人動画が評判に(産経新聞)

 トヨタの大規模リコール問題について、米政府の対応を批判する動画を公開した米国人男性がネット上で評判になっている。男性は米テキサス州でステーキ店を経営するかたわら、軽快なトークで世界の“悪”を斬る動画をYouTubeに投稿し続けている。その中で「GMとクライスラーで1万2000件のリコールがあるのに対しトヨタは669件」などと、トヨタを擁護。オバマ政権と全米自動車労組の関係を分析してみせた。この動画は、18万回以上のアクセスを記録している。

【関連記事】
トヨタ、レクサスSUVを改修ヘ 「買うな」報道で即応
“ドル箱”復活、米で日本車の販売増 小型・低燃費追い風
トヨタ逆風一転、急回復 “歴史的水準”販売促進策が奏功
まるで映画!?プリウスまた暴走騒ぎ!米でパトカー体当たり
米の弁護士ニヤリ? 損失莫大!トヨタ訴訟ラッシュ必至

捜査報償費、協力者に支払わず=愛媛県側が逆転敗訴−高松高裁(時事通信)
<中央選管>遠山氏に当選証書 神崎氏の衆院議員辞職で(毎日新聞)
普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)
サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)
JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」−報告書漏えい(時事通信)
posted by シノダ キヨフミ at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。